プロフィール

当ブログへお越しいただきありがとうございます。

サイト管理人の大川雅史(おおかわまさし)です。

簡単な経歴

現在は宮崎県の総合病院に理学療法士として勤務しており、医療保険分野と介護保険分野それぞれを経験してきています。

 

理学療法士を目指した理由は、高校時代の怪我が原因でリハビリを受けたこと。

 

理学療法養成校に入るNo1のきっかけです(笑)

 

これがきっかけとなり、人の役に立つことが出来る「理学療法士」の存在を知りました。

 

そもそも理学療法士とはどのような職業か知っていますか?

理学療法士とは

ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る・立つ・歩くなど)の回復や維持および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱・電気などの物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。

日本理学療法士協会HPより

と書かれています。

 

 

簡単にいうと

姿勢と動作を診て運動をコーディネートするカラダ作りの専門家

と思ってもらえると良いかと思います。

 

そんな理学療法士になるため、理学療法士の専門学校に入学。

 

卒業後は上記の総合病院に就職し、理学療法士としての1歩を踏み出すことになります。

 

養成校を卒業して働き始め、「ばりばり患者さんを良くしていこう!」と張り切っていました。

 

しかし実際に患者さんを受け持っても、なかなか思うような結果が出せませんでした。

 

それでも病院なので、時期がくれば患者さんは入院し退院していきます。

 

退院していくのは嬉しいことなんですが、退院していく患者さんやご家族の方たちに「ありがとう」と言われると、自分の理学療法はこれで良かったのかなと自問自答していました。

 

ただ、何もしなかった訳ではなく、教科書や文献を読んだり自分なりには勉強しているつもりでした。

 

しかし、教科書を見ていてもいまいちわからなかったり、書いてある通りにしてみても上手くいかなかったりしていました。

 

そうすると、なんとなくマッサージやストレッチをしてしまったり・・・・。

 

本当にこれでいいのか・・。

臨床が楽しくないな・・・。

 

そう思うようになってきました。

 

そんなときに、職場の先輩や同期たちとある勉強会に参加しました。

 

そのとき講師をしていたのが石井慎一郎先生でした。

勉強会に参加してみて衝撃を受けてしまいました。

 

それは、勉強会の内容はもちろんですが、石井先生の患者さんを思うプロフェッショナルな姿勢に触れ、自分自身も見習わなくてはいけないし今までの自分が恥ずかしく患者さんに申し訳ない気持ちになりました。

 

それから石井先生の論文や書籍を読み漁ったり、研修会があるときは県外だろうが参加(懇親会含め)したりしていました。

 

いわゆる石井先生の追っかけです。

 

今でも年に1回は石井先生の講習会を受講し、自分の考えをブラッシュアップしています。

 

そして実際の臨床においても、自分なりにまだまだ試行錯誤しながら日々行っています。

ブログを始めたきっかけ

ブログを始めようと思ったきっかけは、単純にアウトプットする機会を作りたかったからです。

 

なぜか?

 

 

私は元々アウトプットするのが大の苦手でした。

 

アウトプットして何の意味があるんだろう?自分に何の得があるんだろう?

 

そう思っていました。

 

そのため、新人の頃は毎週のように勉強会に行ったりとインプットをメインにしていました。

 

そんなとき、ある勉強会での懇親会にて講師の先生より

「インプットすることも大事だけど、インプットしたことをアウトプットすることはもっと大事だよ」

と言われました。

 

確かにその通りで、たくさんのセラピスト向け勉強会が毎週どこかでやっています。

 

今までの自分は、分からない→勉強会→解決→分からない→勉強会→解決・・・と

 

勉強会に参加するのが目的になっていました。

 

勉強会に参加するだけではなく、学んだことなどを自分なりに解釈して伝える。

 

その言葉も1つのきっかけとなり、少しずつ機会があればアウトプットをするようになりました。

 

しかし、ふと考えると・・

 

アウトプットはセラピストメイン。

 

もちろんそれも悪くない。

 

だが、リハビリテーションまたは理学療法士の可能性はまだまだたくさんあるのではないか。

 

理学療法士の知識があればセラピスト以外のたくさんの人に価値提供できるはずだ。

 

そう思うようになりました

 

そこで、ブログというweb媒体を使うことによってたくさんの人に情報が拡散でき、もしかしたら一般の方との情報交換も出来るのではないかと考えました。

 

あとは先ほども書きましたが、自分の知識や考えをアウトプットする場を作りたかった(ここが一番大きいかもしれない)からです。

このブログについて

このブログは主に一般の方、セラピストの方向け記事の2本柱で構成していきます。

 

一般の方向け記事はこちら↓

あの有名人や企業も実践!就職試験や受験にも効くいいことだらけの瞑想法

2018-02-18

勉強中や仕事中の睡魔撃退!眠気覚ましと正しい仮眠の方法を解説

2018-02-12

目覚めが悪い人必見!朝からのちょっとした工夫ですっきり目覚める方法

2018-02-10

受験生・社会人の方必見!睡眠不足を解消する黄金の法則とは?

2018-01-28

カラダの専門家が教える腰痛になりやすい5つの習慣

2018-01-27

呼吸って意外に大事!1日1回〇呼吸してますか?

2018-01-26

若さの秘訣は背骨の柔軟性!たった5分でしなやかな背骨を作る方法

2018-01-23

 

セラピスト向け記事はこちら↓

教え方シリーズ第2弾!どのように伝えればいいの?

2018-04-10

「教える」とは何か?新人・学生指導から考える

2018-04-07

新人セラピストのあなたへ伝えたい2つのこと!

2018-04-01

あなたが考える凄いセラピストの基準は?

2018-03-31

体幹トレーニングの1つ!ドローインの正しいやり方を解説。

2018-03-01

意外と難しい伝い歩き!評価から治療までを考える。

2018-02-03

 

一般の方

自分の臨床経験の中で感じたこと。

 

それは・・・

「予防」と「セルフケア」が大事!ということ。

 


なぜか?

 

そもそも怪我や病気をしたあと、病院や整体・整骨院に行って治すまでには時間もお金もかかります。

 

そうならないためにもシンプルに

セルフケアをして、自分のカラダは自分で守りましょう!

ということを伝えていきたいです。

 

目標は、

病院に行かない文化を作ること=自分のカラダは自分で守る!

 

今の時代は分からないことがあればgoogleやyahooですぐに調べることができます。そして、インターネットで様々な情報が溢れかえっています。

 

ちなみに

 

youtubeで「健康 トレーニング」で検索するとどれくらいヒットすると思いますか?

 

なんと・・・・・約10万件です。

 

このような膨大な情報をどのように取捨選択していくか?

 

なかなか大変ですよね。

 

そこで国家資格を持った理学療法士のフィルターを通して、カラダや生活習慣のことを中心に微力ではありますが伝えていきます。

 

最後に・・・

 

自分のカラダは誰が守ってくれますか?

担当の先生?いつも通っている整体の先生?家族?

 

いやいや違います!

 

自分のカラダを守るのは自分自身なのです!

 

セルフメディケーションの流れをもっともっと。

セラピストの方

あなたは理学療法士という職業は好きですか?

 

巷ではセラピストの未来は暗いとか言われています。

  • 近い将来に生じるPT・OTの過剰供給
  • 地域包括ケアシステムの推進
  • 高齢者数の増加の頭打ち
  • ロボットテクノロジーなどの技術革新
  • 国家財政のひっ迫

リハビリテーション職種のキャリア・デザイン より

本当にセラピストの未来は暗いのか?

 

僕はそう思いません。

 

WCPTの定める理学療法って結構広くて

  • ヘルスケア(健康増進)
  • トリートメント(治療)
  • インターベンション(介入)
  • プリベンション(予防)
  • リハビリテーション(能力の回復)
  • ハビリテーション(能力の獲得)

 

実はこれだけあります。

 

さらにAIが掛け合わさっていくことで世界が一気に変わってくるでしょう。

 

なぜこれだけ国や大企業がウェルネス分野に投資しているのか?

 

それは医療に革命が起こる時期だからです。

 

これを見るだけでも理学療法にはこれだけの可能性がありますし、5-10年前と比べて病院やクリニック、施設などで働く以外にも理学療法士が社会の役に立つ方法はたくさんあります。

 

実際に患者さんと話していても感じることですが

 

病院には来てませんがカラダに関して悩んでいる方は世の中にはたくさんいて、セラピストの知識や技術を必要としている人はたくさんいると思います。

 

そんな方のために、自分の知っている知識や技術を提供したりすることで、人に必要とされる理学療法士という仕事はとても価値の高い仕事ではないでしょうか?

 

自分の知っている範囲の少ない知識ではありますが、このブログを通して少しでも多くのセラピストに向けてアウトプットしていければと思います。

今後やりたいこと

病院に行かない文化を作ること

健康寿命の延伸に少しでも貢献する

 

日本は医療介護が充実しています。

 

ゆえに健康に対する意識も低いのではないかと思っています。

 

病気になれば病院へ行けばいい

 

確かにそうです。

 

でも病院に行かなくていいのが1番いいですよね?

 

だったらシンプルに健康でいられる取り組みをしましょう。

 

カラダにおける知識は資産だと思います。

 

全ての人のカラダが健康でより良い人生が送れますように

最後に

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

僕は理学療法士という職業が大好きです。この職業を選んでよかったと思ってます。

 

しかし世の中の変化のスピードはすごく早いです。

 

  • 人工知能(AI)
  • 5G
  • ワークライフバランス

などなど。

 

今後は「働き方改革」が進んでいき、今までの働き方や生き方が変わってくるかもしれません。

 

ただ、本質的なところは大きくは変わらないと思っています。

 

「人の役にたつこと・人に喜んでもらうこと」

 

セルフメディケーションの流れが一般的になるように!

 

このブログは情報発信を通して、自分の働き方や生き方を考え自分自身の成長に繋げていければと考えています。

取得資格

  • 理学療法士(国家資格)
  • 介護支援専門員(CM)
  • 地域包括推進リーダー(理学療法士関連)
  • 介護予防推進リーダー(理学療法士関連)
  • 福祉住環境コーディネーター2級

メディア

facebook

*申請する際はメッセージを下さい。

Twitter

 

note

その他気になることがあれば、お問い合わせフォームからお願いします。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。